スポンサーリンク

<地味に神アイテム10選>子どもが急遽入院!付添入院持って行ってよかった物

子どもの入院

子どもの付添入院は突然やってくる。

筆者も先日、血管炎で子どもが急遽入院しました。

その時に役に立った持ち物ベスト10をご紹介します。

この記事では

「子どもが急遽入院!必要最低限は準備したけど、

プラスアルファで何を持って行ったら便利だった?

の疑問にお答えします。

 

※筆者の場合、子どもは3歳。

 

 

なくても良いけどあったら便利なもののご紹介です。

 

子どもの入院グッズについては

こちらの記事にまとめています。

 

 

1)前開きの子どもパジャマ

入院中はエコーや体温測定なども多く、

前開きが圧倒的に便利でした。

心電図のコードが外れやすいので

前開きだと確認しやすい。

2)泡でさっぱりからだふき

点滴が繋がれている間は入浴NG。

看護師さんが身体を拭いてくれるので

そのときにこの泡を活用しました。

筆者の子の場合は9日間お風呂に入れなかったので本当に大活躍でした!

ちなみに、点滴が外れても熱がある場合は、微熱でも入浴NGでした。

 

3)サンダル(子ども・大人両方)

小さい子どもは何かとせわしない(;’∀’)

ベッドにいるかと思えば机で遊ぶ、とにかく外履きの脱ぎ履きが頻回。

サンダルだとシュッと着脱できるので便利でした。

親子ともに百均のサンダルです。

4)エコバッグ

荷物を仕訳けるのに重宝します。

売店への買い出しや、入浴セット用、洗濯用、玩具用、おむつセット用…など、

病室内での整理に大活躍なので複数枚(5枚程度)あると便利です!

5)本・雑誌

入院中、雑誌にけっこう助けられました。

最近はiPadの電子書籍で済ませていましたが

iPadをちょっと触るとすぐ子どもに取られる。

見せなかったら愚図る。

という悪循環だったのでiPadは必要以上に子どもの目に触れないようにしていました。

売店で買った紙の雑誌、ありがたい!!

6)延長コード

枕元に電源がない場合もあるので、1本持っていくと何かと便利です。

子どもの点滴が右手なのか、左手なのかによって

寝る向きが変わります。

コードが絡まりにくいべスポジが、点滴の手によって違うんです(;^ω^)

 

そんな時でも延長コードがあれば、

ベッドの近くでコンセントを使えます♪

7)フェイスタオル

点滴が繋がれていると、とっても着替えがしにくいです。

パジャマが汚れた時の着替えは

親一人ではできません。

毎回看護師さんを呼んで、

点滴コードを外して知恵の輪のようにコードに袖を通して着替えます。

小さい子(特に筆者の子の場合)はす~~~ぐ服を汚す(笑)

お茶を飲む、ご飯を食べる、薬を飲む…

いちいちパジャマを着替えていては

看護師さんに申し訳ないので

タオルを巻いてエプロンにしていました。

もちろん、フェイスタオルではなく

お食事エプロンを持ってきていればOKです♪

が、フェイスタオルはエプロンの代用以外にも

活用の幅が広いので万能です。

病院からレンタルできれば持っていく必要はないです。

8)ふりかけバラエティパック

病院食はさすが、健康的。

…しかし健康的すぎると逆に食べてもらえないことも多々あり(残念!)

小さい子が少しでもご飯を食べやすくなるよう、

ふりかけに助けられました。

 

9)栄養ドリンク

付添入院、ま~~~じで体力・メンタル消耗します。(親が)

頼れるものには頼りましょう。

サプリメントのような長期的に摂取が必要なものよりも

栄養ドリンクで即効性のあるパワーの方が大事です。

 

これは院内コンビニで買い足しました。

10)アイマスク

点滴が常に点滅しているので

「光が気になって眠れない」

という方は持参したほうがいいです。

 

おわりに

子どもの入院は、予め決まっている場合は準備がしやすいですが、

急な入院となると、何を持って行ったらいいかわかりませんよね。

そんなときの参考になれば幸いです。

 

入院準備リストまとめはこちら

おすすめ玩具はこちらの手術入院の記事にまとめています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログを書くのが趣味でもあるもので…

よかったらポチっとしてもらえると励みになります(*’ω’*)

特に何も登録とかは必要ないので。ポチってしてすぐページ変えてもらってOKです!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました