スポンサーリンク

魚焼きグリルで【ぎゅうぎゅう焼き】グリラー活用レシピ

グリラーでぎゅうぎゅう焼き グリラー

当記事はグリラーを活用したお料理をご紹介しています。実際の写真付きで、3分程度でサクッと読めます。

魚焼きグリルを活用した調理グッズ「GRILLER(グリラー)」。

 

グリラーって実際どんな料理が作れるの?
全然使っていない魚焼きグリルを活用したい!

 

そんな方に向けたグリラーを活用したレシピをご紹介します。

グリラーを検討中の方、グリラーをもっと使いこなしたい方の参考になれば幸いです。

 

今回ご紹介する「ぎゅうぎゅう焼き」はとっても美味しく野菜がたっぷり食べられます♪

見栄えも良いのでパーティー料理としてもおすすめです!

 

「ぎゅうぎゅう焼き」は、先日参加した子連れOKお料理教室の若山菜美さんに教えていただいたレシピです♪

子連れOKお料理教室の詳細はこちらの記事から。

材料(2人前)

【具材】

鶏肉…200g程度

人参…1/2本

じゃがいも…1個

茄子…1~2本

エリンギ…2本

長ネギ…1/2本

ブロッコリー…6房程度

プチトマト…6個程度

パプリカ…1/2個

 

【調味料】

オリーブオイル…割とたっぷりめ

塩…小さじ1.5

ハーブソルト(マジックソルト)…わりとたっぷり目

 

具材は冷蔵庫にある物をいれて

好きなようにアレンジできます!

 

レシピを習った料理教室では

鶏肉ではなく魚(タラ)を使用し、

魚焼きグリルではなくオーブンで焼き上げました。

オーブンの場合は200度で30分程度。

 あまりの美味しさに感動しました。

作り方

① 具材を全てカットする。

 

人参とじゃがいもは火が通りにくいので、電子レンジで2分30秒チンする。

 

鶏肉はパックの中でキッチンバサミで切ると洗い物がハサミだけで済むのでとってもおすすめです。

我が家ではよく切れる肉用のハサミを用意しています。

 

② グリラー本体と蓋にオリーブオイルを塗布し、

塩小さじ1をまんべんなく振り入れる。

 

 

③ グリラーに具材をぎゅうぎゅう詰め込む。

 

④ ③にオリーブオイルをたっぷりまんべんなく回しかける。

その上から塩を小さじ1/2、ハーブソルトをたっぷりめに満遍なくかける。

(※もし塩味が薄いと感じたら、焼きあがった後から足せば大丈夫です。)

 

⑤ 蓋をして中火で10分。

具材が多いので蓋がしまりにくいですが、

ぎゅうぎゅう閉めましょう。

上記写真のようにちょっと浮き上がっていても、グリル庫内に入れられれば大丈夫でした。

 

完成☆

いただきます♪

 

このレシピのポイント

ポイント

◎お肉or魚と野菜が相乗効果で旨味UP

◎余っている野菜でアレンジしやすい

◎ 具材を詰め込むだけで、工程が楽。

◎ 味付けは塩・ハーブソルトだけなので簡単

◎野菜がたっぷり美味しく食べられる

◎見栄えが良いのでパーティ料理にもおすすめ

 

グリラーは旨味を閉じ込めてくれるので

甘みが増してお野菜を美味しく食べられます。

  

野菜からの水分とオリーブオイルが残ってもったいなかったので、

白米と入りきらなかった野菜をいれて〆のリゾットにしました♪

 

リゾット

残り汁に白米・残り野菜を詰め込み、

蓋をして中火で10分。

これまた最高にうんまいです!!

 

グリラーはこんがりなのにふっくら
甘味も増してとにかく野菜が美味しくたべられます。

 

 

 

グリラーのメリット・デメリットまとめはこちら

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました